サ高住の詳細と働き方について

サ高住での働き方は、どの住宅施設に勤めるかにより大きく異なります。サ高住にはデイサービス併設型と訪問介護利用型があり、訪問介護利用型のサ高住の場合は、食事介助や入浴介助、昼間のおむつ交換なども行います。デイサービス併設型の場合は、夜間のおむつ交換や見守りが主な業務となります。どちらも昼間の業務の流れは違いがありますが、夜勤の流れは大きく変わることはありません。訪問介護利用型のサ高住はデイサービスに昼間行く必要が無いので、居室で食事を摂って貰い朝の離床介助がない所もあります。

サ高住を運営できるのは、社会福祉法人や医療法人だけで無く民間企業も可能です。国からの補助金が多く出る社会福祉法人や医療法人は、職員の福利厚生が充実していることも珍しくはありません。民間企業の運営するサ高住の福利厚生自体のあり方はさまざまです。その住宅施設により大きな差が質の面で出てきます。これはサ高住が急激に増えていることも原因の一つです。しかしよく求人を探してみると手当や福利厚生しっかり整備されている所もあるので確認しておきましょう。

また、ここに入居している高齢者の要介護度はさまざまです。そのため、要介護度別の変化のある対応法を体験して学ぶことが可能です。さらに、福祉用具のレンタルを行っている事業所が併設されている住宅施設の場合、用具の使用方法や種類、提案するスキルなどを習得することもできます。そして居宅ケアマネを目指す人にとっては、居宅生活向けプランの組み方を学び易い環境といえます。今後のキャリアアップも含め、サ高住における仕事にメリットを感じる方は転職を検討してみてはいかがでしょうか?